任意整理後のブラックリスト登録期間、喪明け期間とは

任意整理をすると一定の期間はブラックリスト呼ばれる状態となり、新たな借り入れなどが難しくなります。ブラックリストの期間とそれが過ぎた後の借り入れの可否について考えてみましょう。ブラックリストではなくなったのに借り入れ審査が通らないという人もいるようです。

ブラックリスト登録期間とは

任意整理をした人は、手続き後の5年間、信用情報がブラックリストと呼ばれる状態になります。ブラックリストに載ることは、個人の信用情報に金融事故などの情報が記載されて、金融機関から「要注意」として扱われることを指します。ブラックリストに載っている間はあらゆる金融機関から自己情報を閲覧できるようになっており、様々な借り入れが非常に難しくなります。

5年間が過ぎると信用情報からブラック情報は消されますが、本当に消されているかの確認は必要です。ブラックリストに載った状態で審査の申し込みをすると、ほぼ確実に落とされる上、審査に落ちたという情報が新たに記載されて余計に審査に通りにくくなってしまうのです。手続きをしたという情報が消えたのを確認するには、信用情報機関に登録情報の開示を求めることが必要です。

手続き後の喪明け期間とは

信用情報機関から記載が消えた状態を「喪明け」といいます。一定期間が過ぎるとその人の信用情報から事故歴が消え、併せてそれ以外の信用情報も全くの白紙状態となります。これをスーパーホワイト、またはホワイトと呼び、現金主義でカードを持ったことがない人もこれに当たります。

ホワイトの状態では過去に金融事故を起こした人かどうかは分かりません。しかし、ある程度の年齢になって過去の情報が全くないのは、過去のブラックを疑われやすくなります。この次のカードを作るまでホワイト状態を「喪明け期間」と呼びます。

5年たっても厳しい審査

5年たってからスーパーホワイトとなっても、過去の事故を疑われるため、借入できる業者は限られてきます。審査は依然として厳しい状態が続き、審査に落ちやすい状態と言えるでしょう。この間に何度も審査にチャレンジをして落ち続けることは賢明ではありません。

今度は審査に落ちていることがネックになってさらに審査に落ちやすくなります。そのため、喪開け後の最初の借り入れは、審査が甘い業者を選ぶことが大切です。消費者金融系か流通系のカードは比較的審査が甘めであり、スーパーホワイトであっても通る確率が高くなります。

任意整理の後はブラックリストから情報が消えるのを待って、新しいカードを作ることになります。しかし、ブラック情報が消えた後はまた別の問題が生じます。ホワイトはホワイトで行動が制約されることを覚えておきましょう。

任意整理とは.jp|トップへ戻る

樋口総合法律事務所