任意整理の交渉期間、手続きが終わるまでの期間

任意整理は債務整理の方法としては、もっとも早く決着がつきやすいものです。相手方との交渉や手続きなどは弁護士などに依頼することでスムーズになり、手続き中でも不安なく毎日を過ごせるでしょう。

任意整理はスピーディー

借り入れをした金融業者との交渉によって利息をなくしてもらい、返済しやすくするというものです。概ね弁護士や司法書士に依頼をして、代理で手続きを進めてもらうことになります。弁護士受任から締結まではおよそ3ヶ月から半年程度となっており、その他の債務整理のように長引くことはありません。

これは、その他の債務整理のように裁判所を通したり資産を処分したりといった手間がないためです。ただし、相手方の金融業者が必要書類をなかなか提出してくれなかったり、交渉がうまくいかなかったりする場合には長引くこともあります。それでも何年も交渉が続くケースはそれほど多くありません。

依頼を弁護士が受任すると、金融業者からの督促もなくなります。弁護士から金融業者に対して任意整理と受任の旨が伝えられれば、督促はすぐにストップするでしょう。この督促が頻繁にあって精神的に辛いという人も多いものですが、精神的な苦痛からも解放されて、ゆっくりと交渉を待つことができます。

手続き方法

基本的に、弁護士や司法書士に依頼したら全ての過程を一任して、自分では動かずに待つこととなります。受任通知を弁護士が相手方に送付してから本格的に交渉が始まります。

依頼を受けた弁護士は、まず交渉の材料となる借入金の返済状況などを知るための取引履歴を業者に請求します。そこから過払い金の有無などを調べて借金を再計算します。交渉の内容としては、「利息なしの返済」と「返済期間の長さ」が基本であり、交渉がまとまれば「和解成立」となります。

その後は弁護士への報酬を支払い、返済開始の日から分割で利息なしの支払いを行います。弁護士への支払いも分割払いが可能な場合もあり、弁護士への支払い後に返済を開始することが可能となることもあります。また、過払い金が発生していれば、その分を元金の返済に充てて元金を減らすこともできるでしょう。

任意整理は期間も短くて済み、弁護士や司法書士などに依頼すれば自分では動く必要がありません。状況によっては交渉に時間がかかるケースもありますが、スムーズに進めば数ヶ月での決着となります。辛い督促からも解放されて、心機一転、返済にも弾みがつくでしょう。

樋口総合法律事務所