任意整理をすると車にマイカーローンは組めないの?

任意整理後にマイカーローンを組むことは、タイミングによってはかなりの困難が予想されます。自動車の必要性は待ってくれませんので、その状況によって適切な方法で自動車の購入を検討すると良いでしょう。

マイカーローンは難しい

一度、手続きをしてしまうと信用情報に5年間そのことが記されます。信用情報は減額交渉をした相手の業者だけでなく、その他の金融機関にも見られるものです。

新しくローンの申し込みがあった時点で、審査を行う金融機関はその情報を確認します。信用情報の審査内容には年収や勤務先などもありますが、任意整理や延滞などの情報はもっとも不利な条件であり、審査はかなり厳しくなります。

5年が経つと信用情報からその情報は消えます。しかし、審査申し込みは正確に消えたかどうかを確認してからの方が良いので、信用情報開示を利用しましょう。

手続き後すぐのローンを組むためには

自動車ローンの借入の多くは銀行や信用金庫などを利用することが多いものです。通常の信用情報は銀行と消費者金融間では共有されていませんので、消費者金融などに借り入れがあっても問題視はされません。しかし、この情報は消費者金融と銀行で共有されるため、手続き後すぐは銀行で自動車ローンを組むことも難しくなります。

銀行でのローン審査が難しい場合には、自動車会社の自社ローンを検討しましょう。自動車会社が銀行の自動車ローンを組めない人に対して行っているローンで、手続き後すぐでも借入できる可能性があります。ただし、自社ローンは金利が高いので返済に不安がある場合には慎重に利用した方が良さそうです。

手続き後の自動車購入は現金で

任意整理を行なったということは、金銭面のコントロールに何らかの問題があったということです。そのため、5年経てば借り入れは可能となるものの、新たにローンを組む時にはかなり慎重に検討することが必要となります。

自動車購入は状況によっては避けられないこともあるでしょうが、その場合には返済リスクをなくすために現金払いの可能性についても考慮してみましょう。実際には数十万円かかる自動車の費用を現金で支払うのは難しいかも知れませんが、その後の車の維持費と自動車ローンの支払いを考えれば、頭金を貯蓄してから購入するなど、少しでも借入額を減らす努力も必要となります。

金融機関を利用して自動車ローンを組むためには、基本的に5年は待った方が良いでしょう。自動車会社のローンもありますが、金利の負担を考えると慎重にならざるを得ません。たとえ5年が過ぎていても、返済の困難を軽減するために少しでもローンを使わずに済む方法を選ぶことが必要です。

樋口総合法律事務所