任意整理すると返済中の自動車ローン(カーローン)はどうなる?

任意整理は、自己破産などと異なり、対象となる借金を自分で選ぶことができます。また、自動車ローン支払い中にその他の借金を任意整理したとしても、マイカーが差し押さえられるといったことはありません。ただし、注意しなければならないことがあるのも確かです。自動車ローン返済中に手続きを行う場合の注意すべきポイントをご紹介します。

対象としなければ問題なし

自動車ローンの返済途中であっても、他のローンや借金の返済が滞りがちだったり、生活に支障が出たりする場合には、特定の借金のみの手続きを行うことができます。自分の整理したい借入金に対してのみ行うことができるので、大切な資産を手放すリスクがありません。ただし手続きをした借金は棒引きになることはなく、その後の合意の内容にそって支払いを続ける必要はあります。

自動車ローンを対象としなければ、これまで通りのローン返済とマイカーの維持を続けていけます。自動車ローンを抱えていて、マイカーを手放したくない場合には、任意整理が最も適した方法となるでしょう。

手続き中の自動車の維持と必要性

自動車の必要性とそれに係る経費に一度目を向けてみる必要がありそうです。自動車というのは、持っているだけでも維持費がかかり、さらに自動車ローンがあればその返済も余儀なくされます。手続きや交渉中はもちろん返済時にも、自動車を持っていることで「維持費」と「返済」という2つの負担が続いていくことになります。

自動車ローンは元々短期の返済を目指した契約となっており、その金利は法律の範囲内ではあるものの高めに設定されています。そのため、自動車ローンを残した形での手続きは、その後の返済計画に自動車ローンの契約が加わり重い負担となることがあるのです。

何らかの債務整理を行うことを決めたのであれば、今一度マイカーの必要性と自動車ローンやマイカーの維持費など、今後予想できる負担に関して検討することが必要です。その上で必要がなければ自動車ローンを含めた債務整理を選び、必要不可欠な場合には二つの返済を背負っていくことが必要となります。

任意整理の良い点は自由度が高い点ですが、借金の元金返済が減るわけではないため注意が必要です。特に自動車ローンを返済中の場合には、通常の借金と合わせて二つの返済が重くのしかかってくることとなり、支払いが辛くなることもあります。こうした現状も十分に検討した上で実行するかどうかを選択することが必要です。

樋口総合法律事務所