任意整理すると返済中の住宅ローンはどうなるの?

住宅ローンは長期にわたる返済が必要となり、その間にはいろいろなトラブルが起こることもあるでしょう。カードローンやクレジットカードなどの任意整理もそのひとつであり、住宅ローンを借りている身としてはその後のローンの扱いなどが非常に不安です。

住宅ローンとの関係

任意整理は自分の資産に関係なく進めることができます。基本的に借り入れた元金は支払うことになりますが、マイホームなどの自分の資産を手放す必要はありません。対象に含まれない住宅ローンはもちろん継続して支払うことになりますが、手続きをしても住宅ローンには関係なく、引き続き返済も行えます。

手続き後の返済

住宅ローンを抱えている状態での問題点としては、任意整理をした借金の返済と、住宅ローンの返済が重なるということがあります。自己破産のように住宅などの資産を手放すリスクがない分、元金の返済が必要となります。そのため、住宅ローンと減額交渉後に残った借金の二つを並行で返済しなければなりません。

減額交渉で決められた借金は、その時に決められた期間内に返済を求められるため、住宅ローンの返済と合わせると毎月の支払いがきつくなることもあります。その際には、住宅ローンの借入先に対して返済を延長や免除してもらうよう依頼して、減額交渉後の借金を先に返済するという手段を考えてみましょう。

とにかく慎重に

任意整理をする際には、一定期間内に延滞や遅延なく返済できるかどうかを慎重に判断した上で交渉する必要があります。現状で毎月スムーズに返せる金額を計算してみましょう。弁護士などに依頼する場合には、よく話し合って無理のない返済方法を検討します。

住宅ローンがある場合には、減額交渉で改めて決められる返済額と、住宅ローン返済額のバランスを良くすることが必要です。手続き後は延滞することができなくなるため、そこに住宅ローンの返済が重なって状況が悪化することもあります。最終的に住宅まで手放すようにならないためにも、シミュレーションをしっかりとしておきましょう。

住宅ローンを抱えていると、それ以外の債務を整理した時の住宅ローンやマイホームへの影響が心配になります。しかし任意整理であれば、住宅ローンの支払いにもマイホームにも影響がないため安心です。ただし、その後の支払いについてしっかりと予定を立てないと、余計に返済が苦しくなってしまうこともあるということを覚えておきましょう。

樋口総合法律事務所