任意整理後、住宅ローンは組めないの?

任意整理をすることで、その後のカードローンなどの借金がしにくくなることは明らかです。そしてそれ以外にも住宅ローンの審査をした場合にも不利になるケースもあります。この手続きをした場合には、住宅ローンを組む際にちょっとした注意が必要です。

その後の信用情報の扱い

任意整理をした人の情報は5年間残されます。金融事故として登録されており、自分の情報は手続きをした以外の金融機関でも知られていると考えておきましょう。

このような情報は、銀行、消費者金融間でも共有されます。通常の信用情報は、銀行は銀行で、消費者金融は消費者金融で扱われているものですが、金融事故に限ってのみ、金融機関の壁を超えて情報が共有されます。つまり、消費者金融で起こした任意整理の問題は銀行にも伝わる可能性があるということです。

しばらくは住宅ローンも厳しい

ブラック情報が残っている間は、あらゆる借り入れの審査が厳しくなると考えたほうが良さそうです。銀行で住宅ローンを借り入れしようと思っても、共有の情報を調べられたら過去の消費者金融などの任意整理が見咎められる可能性があります。そのため、審査も相応に厳しいものになるのです。

手続きから数年経っている場合には、信用情報から情報が消えている可能性も考えて、一度自分の情報の開示を請求してみると良いでしょう。信用情報がクリーンになっていれば住宅ローンの借り入れがしやすくなります。

手続きから5年後の審査は

情報が各金融機関に共有されているのは、5年間です。その後は住宅ローンの申込、審査も通りやすくなります。ただし、情報が消えるのは共有情報機関のものであり、整理を行なったカード会社にはしっかりと情報が保存されている可能性はあります。

そのため、新たに住宅ローンの審査を申し込む場合には、任意整理をしたところとは別系列の銀行を使うと良いかも知れません。仮に依然お金を借りていたのが消費者金融であっても同じ系列の銀行には情報が知られている可能性があるためです。

また、クレジットカードの審査を受けてみて通らないような場合には、なんらかの信用情報の問題があるかもしれません。その場合には住宅ローンの審査を受けても通らない可能性が高くなります。

手続き後は、一定期間が経過していれば住宅ローンの審査も通る可能性は高くなります。ただし、情報共有期間である5年を過ぎれば共有される情報は消えますが、系列の金融機関では情報が残っている場合もあります。そのため、手続き後の審査は別系列の金融機関で行う方が良いかもしれません。

関連ページ|任意整理に強い法律事務所

樋口総合法律事務所