任意整理を弁護士に依頼する時、した時の流れ

任意整理を弁護士に依頼すると交渉から和解の契約まで全部弁護士が代理で行ってくれます。とはいえ、自分の見えないところで何が行われているかを知っておく方が安心して待つことができそうです。全体の流れと私たちが行う必要のあることを解説しますので覚えておきましょう。

まずは弁護士選びから

手続きを行う場合には、自分の方針や借り入れの状況に合わせて弁護士を選ぶことが最初のハードルとなります。借金の状況はそれぞれに違っており、どのような結果を求めているかも違います。早期解決、過払い金の回収など、目的に合う弁護士を探しましょう。インターネットや無料相談を活用することで、多くの弁護士と出会うことができます。

また、弁護士に支払う報酬についても注意してみておきましょう。報酬の体系や支払い方法は、解決後に借金の返済が始まる任意整理では重要です。弁護士への支払いにも困ることがないように、過払い金が発生するまで請求を待ってもらえるところや分割払いが可能なところを探してみるのも良いでしょう。

依頼後の流れ

を依頼する場合には、必ず弁護士と面談する必要があります。相談の結果依頼が決まったら、弁護士が受任通知を借入先に送付します。この時からすぐに督促は止まり、その後は債務者と弁護士の交渉が行われます。

債務者との交渉は相手によってかかる期間が違います。まずは借金の額を正確に計算するための取引履歴を取り寄せますが、これが届くまでの期間がかかったり、交渉が長引いたりすることで、なかなか和解が成り立たない場合もあります。

こうした場合にも途中経過の報告をしてくれますし、交渉相手からの返済方法や過払い金支払いなどの提案についての打診があります。それを受けることを決めたら和解契約を結びます。これも弁護士が代行するので、立ち会う必要はありません。

減額交渉成立後の支払い

任意整理で決められる返済期間は通常3年、うまくいけば5年程度となることが多いようです。この期間内に分割で支払いますが、利息なしの元金返済となっているため、支払いの停滞は許されません。

資金、収入面に不安のある場合には、最初に弁護士報酬の分割払いを行ない、そのあとで返済開始としてもらうことも可能です。過払い金が発生した場合には、弁護士のもとに総額が振り込まれ、そこから報酬を引いた残りが渡されるケースが多くなります。

弁護士を通した手続きはスムーズで面倒なことが少ないので便利です。しかし、自分でもどのような手順で行われているかを知っておき、すっかり丸投げにするのではなく当事者意識を持ちましょう。また、どの段階で弁護士報酬が必要となってどのように支払いをするのかについては、あらかじめはっきりと確認してから依頼することが大切です。

樋口総合法律事務所