任意整理の弁護士費用相場や一般的な料金体系

任意整理を弁護士に依頼することは、難しい手続きや交渉を代理してもらえる便利で安心な方法ですが、気になるのは料金ではないでしょうか。いざ支払いとなった段階で慌てないために、あらかじめ弁護士報酬の相場や料金体系を知っておきましょう。

報酬は弁護士連合会で決まっている

弁護士への報酬は、日本弁護士連合会のルールに準拠する形で決められています。このルールでは、報酬の上限が決められており、日本弁護士連合会に登録している度の弁護士にも適用されます。

請け負った時に発生する着手金は上限規制がありませんが、上限が設けられたものでは、それを越えて報酬を受け取ることはできません。また、認められた報酬以外を受け取ることも禁止されています。

報酬の上限

弁護士報酬の上限をそれぞれに見ていきましょう。

・解決報酬金
和解が成立した際に支払う報酬です。1社あたり税別で2万円以下、商工ローンで5万円以下が原則となっています。複数社の任意整理を行う場合にはそれぞれに費用がかかりますが、中には数が増えると割引になるシステムもあります。

・減額報酬金
引き直し計算によって借入金が減った時の報酬金です。減額分の10%以下となっており、10万円の減額では1万円、100万円の減額では10万円と実績に応じて変化します。

・過払金報酬金
引き直しの結果利息の払い過ぎが戻ってきた際の報酬金で、訴訟によらない場合回収額の20%、訴訟では25%となります。こちらも戻ってきた過払い金の金額によって報酬額が決まります。

弁護士報酬はバラつきがある

手続き時に支払う弁護士報酬は、事務所や弁護士ごとにバラつきがあります。特に着手金は自由に決めることができるため、1万円台から10万円超えまでと様々です。弁護士によっては着手金を取らないところもあります。

弁護士費用は一つ一つの報酬の高さを見るのではなく、トータルでいくらかかるかによって判断すると良いでしょう。個々の借り入れの状況によっても最終的にいくらかかるかが変わります。例えば、複数社から細かく借り入れがある場合には着手金が多少高くても一社あたりの報酬が少ない方が合計すると安い場合もあります。

お金に困って任意整理を考えているのですから、弁護士費用には大きな不安を感じることでしょう。報酬の体系が分からないままで弁護士に相談するのは抵抗がありますから、まずは弁護士報酬の基本を押さえて、実際にどれくらいかかるのかを自分のパターンに当てはめて考えてみましょう。

樋口総合法律事務所