任意整理と弁護士

任意整理を依頼する際には、弁護士や司法書士に依頼することが一般的です。もちろん、法的な手続きを含まない貸主との交渉ですので、自分で出来るという人はそれでも問題ありません。貸主と合意が取れて借金の減額が成立すればそれでいいのです。しかし、実際のところ、自分がお金を貸した立場で考えてみた場合、借りたお金を返さないなんて納得いかないでしょうから、第三者である弁護士などに仲介して貰った方がスムーズですし、交渉のプロに任せたほうが合意も取れやすいのでお勧めです。では、具体的に、弁護士や司法書士に任意整理を頼むメリットやデメリットはどのようなものがあるのでしょうか。また弁護士を選ぶ際にはどのような点を基準にすればいいのかなどについてご紹介します。

任意整理には、もちろん様々な選択肢があります。過払いや破産など、複数種類がある事は間違いないでしょう。
ところで事務所などに相談をしますと、その中から最適プランを提案されるケースが殆どです。それで人によっては、それに従うべきなのか否かで迷ってしまうケースがあります。
例えばある事務所に足を運んで、自分の状況を色々と説明したとしましょう。それで最終的にその事務所からは、破産の手続きを薦められる事があるのです。
しかし破産という手続きは、やはりそれなりに重い事は確かですね。人生に1回だけしか利用できませんし、様々な差し押さえが生じるのは、ほぼ間違いないです。ですので弁護士から勧められても、果たしてそれを行うべきか否か、迷ってしまうケースはあるのですね。むしろ破産よりも、任意整理の方が良いのではないかと思う事もあります。
実はその手続きのどれを選ぶかは、あくまでも依頼主本人が決めるのですね。専門家が強制をする事がありません。あくまでも専門家はおすすめプランを提示するだけなので、本人が任意整理を希望するならば、それで手続きを進めても問題は無いのです。
ただ専門家が敢えて破産を薦める以上は、やはり何か理由がある筈です。その理由などは、しっかり耳を傾けておくだけの価値はあるでしょう。それをよく踏まえた上で、最終判断を下すのが良いと思われます。
借金の悩みは、とても重いです。それだけに、たまに逃亡してしまう事例もあるのです。
というのも借金を抱えますと、金融会社から毎日のように催促が来ます。それがとても大変なので、心理的に追い詰められてしまう方々も少なくありません。
さすがに自宅の入口の扉などに、何かの請求書などが貼り付けられる事は無いでしょう。しかし訪問などが来る事はありますので、やはり精神的な追い詰めはあり得るのですね。
それで人によっては、逃げてしまう事もあるのです。住民票はそのままの状態なのですが、どこかに夜逃げしてしまう方々もたまに居ます。相当追い詰められている事だけは、間違いないでしょう。
そして、そこに任意整理のメリットが関わってくるのです。当然ながら、夜逃げなどは誰も行いたくないでしょう。相当な労力が必要なのは間違いありませんし、そもそも金融会社に訴えられてしまう可能性があります。
しかし上記の整理手続きを行えば、もちろんその夜逃げを回避できる可能性があるのです。任意整理の手続きを行うだけで、借金が随分と減少して、わざわざ逃げる必要がなくなる事例もあります。
上記のように追い詰められる位であれば、やはり事務所などに相談をして整理手続きを行うのが望ましいでしょう。

樋口総合法律事務所