法律事務所

任意整理を行うには法律事務所に依頼するのが一般的です。自分でやるにはかなりの労力がかかります。司法書士に頼むこともできますが、基本的には弁護士と司法書士では出来ることが違い、弁護士のほうが出来ることの範囲が広いのでこちらにお任せする人が多いようです。

任意整理の重要な点には、いくつものところがありますが問題となるのが財産の把握です。つまりは、負債はあるにしても資産もあるのであればそれを処分して、ということになるからです。ちなみにこれを誤魔化しますと途轍もなく問題になります。自己破産などは免責されなくなります。不受理、ということになってしまうので注意しましょう。意識的にやっていないとしても新たに借金を増やしたり、或いは特定の所を優先して返済していますと自己破産の免責が不受理になってしまうことがありますから、本当に注意したほうがよいでしょう。任意整理というのは、はっきりいって不義理な行為ではあります。それは仕方ないことでありますが、ある程度、軽減できるのであればそうしたほうがよいでしよう。つまりは、誠実な任意整理をすることです。自己破産に誠実も何もないのでは、と思うかもしれませんがキチンと財産を正確に把握して、そして処分、返済していくことを進めていき、それでも駄目な時にやるのです。これができる最大の誠実な行為であるといえます。任意整理というのは、さすがにどんな場合でも不義理な部分が生まれてしまいます。それでも人生の為にはやらないといけないときがあるのです。
個人再生というのは、任意整理の中でも色々と良いメリットがあります。それが債務が5分の1以下になるか、100万円になる、ということになります。それを3年間で返済していく、ということになります。この計画をしっかりと立てて、そして、認められることが必要になります。これは自己破産などと違って、住宅や車などの資産を残すことができるのです。こうしたところが大きなメリットであるといえます。上手くすれば財産を遺しつつ、任意整理ができるようになっています。これかお勧め出来る要素の一つであるといえます。言うまでもありませんが、誰でもできるわけではありませんから、それは注意したほうがよいでしょう。個人再生には、色々とハードルがありますが、それでも十分に検討してみる価値があります。つまりは、債務を減免してもらう方法としてお勧め出来る要素が強くあるわけです。これをよく理解しておいて、実行するとよいでしょう。ちなみに個人的に計画を立てて、認めてもらう、ということもできますが、かなり難しいです。ほぼ不可能である、と認識しておいたほうがよいでしょう。普通は弁護士や司法書士などに依頼することになります。それが信用して貰うために必要です。

樋口総合法律事務所