借金返済中にできる生活費節約術

借金返済において、重要なのが出費です。稼いでも稼いでも出ていくのであれば意味がないのです。ですから、奢侈は当然ながら抑え込むとして生活費に関して色々と節約術がありますから、それを実行していくとよいでしょう。数百円単位であろうとも年単位にすれば数千円になるのです。それが一つの行動でできるのであればいくつもできればさらに節約できる額が大きくなります。小さなことからコツコツと、というのが人生のコツといえるでしょうがこれは借金返済にもいえることなのです。極端な不況とはいいませんが目も眩むほどの好景気というわけではないのです。サラリーマンで収入を一気に挙げることが難しい時代なのですから、借金をしているならば生活費の節約から検討してみるのは実に打倒といえるでしょう。

水道光熱費の削減ポイント

電気代の基本料金を下げる方法があります。アンペア数を下げることによって基本料金が下がります。独り暮らしなのに結構なアンペア数で契約している人が意外といます。必要ないのであれば下げることがお勧めできます。光熱費の基本料金を下げることができるようになるからです。蛇口の元栓を少しきつめにするのもありです。要するに水が出にくくなるのですがこれで無駄に出すことが避けられるようになります。但し、大量の水が必要なときになかなか貯まらないことになりますからその点は覚悟しておきましょう。ちなみに一時期、トイレのタンクのところに水を入れたペットボトルを入れて一回一回のトイレで流す水の量を減らす節約法が持て囃されたことがありましたがこれはお勧めできないです。水洗トイレの水は結構な量ではあるのですがそれなりに理由があるのです。あの量であるから、綺麗に流れるのであってこちらで勝手に水の量を制限することは詰まることに繋がったりしますからやめておいたほうがよいでしょう。このような細かいことをコツコツとやっていき、生活費の節約をしていきましょう。

携帯電話や保険代の見直し

他に生活費の部分で節約できる可能性があるのが携帯電話料金や保険料の部分です。何も解約しろ、といっているわけではなく、より安いプランに見直しができないか、ということです。それができるようになりますと月に数千円単位で節約できることがあります。過剰にかけていた保険などがあれば解約して、かなりの出費削減となることでしょう。ですが意味のある保険まで削るようなことはしないことです。この判断がなかなか難しいことになります。

樋口総合法律事務所