任意整理をするとブラックになる?ならない?

任意整理は債務整理の方法ですが、債務者と債権者の交渉によるものであり、裁判を行わずに済ませることができます。それでも一度手続きをするとブラックリストには載ってしまうのでしょうか。

ブラックリストに載るか載らないか

手続きをした事実は情報として、信用情報機関において共有されます。ブラック情報として扱われるということです。任意整理は個々の貸金業者と債務者の交渉によって行われるものですが、他の債務整理と同じように金融事故という扱いには変わりがありません。

ブラック情報は各情報機関の間でも共有されるため、あらゆる金融機関でのカードローン、キャッシング、住宅ローンなどの借入が難しくなります。

この際のブラック情報は、共有の信用情報として5年間記載が残ります。減額交渉が終わって和解契約が行われたタイミングから5年間となっており、整理後返済を終えてからではありません。

そのため返済が数年間に及んでも、その間も刻々と5年の共有期間のカウントダウンが行われています。仮に返済期間が5年間となった場合には、返済完了と同時にブラック情報も消えるということになります。ただし、その間に延滞があると今度はその情報が残ります。

任意整理のブラックは消える

ブラック情報の登録は主に受任通知から和解までの間にされています。貸金業者とのやり取りが始まったら既にブラックリストに載っていると考えておいた方が良さそうです。もちろん、その間も新たな借入などはできないでしょう。しかし、ブラック情報は永遠に続くものではありません。きちんと返済を終えていれば、5年後には新たな借入の可能性も出てきます。

ただし注意すべき点がひとつだけあります。5年後にブラックリストから情報が消えるのは確かですが、延滞のブラック情報は同じではありません。延滞のブラック情報というのは、任意整理の情報よりも厳しい一面があります。延滞の情報の保存期間は、「その借金を完済してから5年間」です。

つまり、任意整理の情報は契約から5年で消えるのに、その前後にしてしまった延滞情報だけは完済するまでカウントダウンが始まらないということです。そのためブラック情報が消えたであろう時期にすぐ借入の申込を行う場合には、情報開示で本当にきちんと消えているかを確認してみる必要があります。

手続きをすると、ブラック情報という共有の信用情報にそのことが記載されます。そのため、情報が残っている5年間は借り入れなどが難しくなるでしょう。任意整理では契約から5年間でブラック情報は消えますが、延滞をしていた場合にはその後も延滞情報が残るリスクがあります。

樋口総合法律事務所