任意整理をすると延滞利息や遅延損害金はどうなる?

任意整理をすると将来の利息が減るか無くなるかして、借金の返済がしやすくなります。元本だけの返済となるため、返済の目処が立ちやすくなり、見通しを持って返済できるでしょう。では通常の利息ではなく遅延損害金や延滞利息などの扱いはどのようになるのでしょうか。

遅延損害金がなくなるかも

任意整理は借入金と利息の支払いができなくなった場合に、返済しやすいように利息をカットしてもらうという方法です。弁護士などの代理人が債務者の代わりに交渉に当たってくれるため、不安があれば細かいことまで密に相談をすることが必要となります。

遅延損害金や延滞利息は、借入利息とともに債務者の負担となるもののひとつであり、交渉の対象となります。これまで延滞してしまった分の遅延損害金や将来に渡って起こり得るものについて交渉することになるでしょう。

基本的には弁護士は遅延損害金免除の方向で交渉を始めることになります。貸金業者側も、自己破産などで借金の元本が回収できなくなる事態は避けたいので、交渉に応じてくれることが多いようです。ただし、遅延損害金がすっかりなくなるかどうかは交渉の内容によります。

任意整理の場合には返済がスタートすればそう度々遅延することは許されず、和解契約そのものが無効となることもあります。そうなれば一括返済を求められたりしてより状況が悪化するため、交渉成立後の返済には遅延は起こってはならないと考えておきましょう。将来の利息のカットも返済が滞らないことを条件とされています。

手続き中の返済

交渉中、遅延損害金はかからないと考えて良いでしょう。手続きが始まると返済は一時的にストップしますので、遅延損害金の発生もありません。遅延損害金は法律で決められている上限も高く、負担が大きいのでこの期間のストップはありがたい条件です。

減額交渉中は督促も止まるため、精神的な負担も減るでしょう。減額交渉が終わると返済がスタートします。その後の遅延損害金は、契約内容によっては支払いの延滞によって発生するようになっている場合もあります。

遅延損害金は交渉を行うことでカットされる可能性が高いものです。これまで延滞してきた分の遅延損害金がなくなれば、元金の返済もグッとスムーズになります。ただし、任意整理による返済がスタートしたら遅延は許されないこととなるため注意が必要です。

樋口総合法律事務所