任意整理後、残金を一括で繰り上げ返済してもOK?

任意整理をした後は借金返済の見通しが立ってほっとできますが、返すべき借入金が残っているのは紛れもない事実です。そんな苦しい立場から一時も早く逃れたいという場合に頭に浮かぶのが、残金の繰り上げ返済でしょう。繰り上げ返済は通常可能ですが、手続き後に行っても問題はないのでしょうか。

手続き後の残金一括繰り上げはOK

基本的に残金の返済方法はあらかじめ契約で決められていますが、その契約を変えて一括返済することには特に問題ありません。もちろん、そのことが原因で他人にばれるリスクもありませんし、反対に返済の精神的重圧から解放されて過ごしやすくなるかもしれません。

借金の残金一括繰り上げ返済は、貸金業者側にこそメリットがあります。そのため、逆に歓迎されるケースもあるほどで、これを業者が断ることはほぼないと考えてよさそうです。業者側としては、利息の付かない借金は早く回収したいものなのです。「臨時収入があった」など、状況の変化があれば、繰り上げ返済も考えてみると良いでしょう。

減額交渉成立後に一括返済を行うことは、消費者側にとってはあまりメリットがありません。和解契約では「将来の利息を0にする」という内容が含まれることが多く、特に早く返さなければ損をするということもないのです。ただし、借金によりあまりにも心労が大きい場合などには、そこから解放されるために一括返済をするというのも選択肢の一つです。

一括返済を行う場合には、直接貸金業者とやり取りをするのは控えた方が良いでしょう。依頼した担当弁護士に連絡を入れて、先方とのやり取りは交渉時と同じように弁護士に一任します。余計なトラブルを防ぐためには面倒でも手間を惜しまないことが大切です。

任意整理は借金が残る債務整理方法なので、その後も不安な気持ちが残るのは仕方ありません。しかし、その一時的な気持ちや臨時収入等の余裕に任せて一括返済を行うのはあまりお勧めできません。一度、手続きを行ってしまうと、一定期間は新たな借り入れができないため、手元に現金を取っておくことも必要です。急にまとまったお金が必要な状況になった時、現金を調達する手段が限られていることも忘れないようにしましょう。

任意整理をした場合、その後は決められた条件で返済を続けていくことになります。交渉で決められた条件は守るべきものですが、一括繰り上げ返済を消費者側から申し出ることは別です。消費者側には特別メリットはありませんが問題はなく、業者側からは喜ばれることも多くなります。

樋口総合法律事務所