任意整理をしても元金・元本が減額されないこともある?

任意整理のシステムをあまり知らずに利用すると思わぬリスクに見舞われることもあります。債務整理というと借金がなくなったり、減額されたりするイメージが強いものですが、任意整理の場合には少し話が違います。

元本は減額できる?

任意整理は、裁判所を通すことなく、貸金業者との話し合いで決着がつく債務整理の方法です。そのため、短期間で解決できることも多いものですが、その分効果に限りがあります。

これは借金を「返しやすくする」ための方法であり、基本的に借りた元本は減額されません。減額交渉成立後は、決められた返しやすい条件の元で借金の元本を一定期間で返済し続けることとなります。

返済期間や利息は貸金業者との交渉で定められ、債務者はそれを守って返済します。つまり元本の返済が難しい人には向いておらず、きちんと返済できる見込みがないと貸金業者も交渉に合意してくれません。

任意整理の意味と効果

借金の元本を減らしてくれないのであれば、どこにメリットがあるのでしょうか。任意整理の人気が高いのは、人にばれずにスピーディに解決でき、利息をなくすことができるという点が大きいでしょう。裁判所を通さず公的な記録にも残らないため、誰にも知られることなく苦しい返済を整理できます。

また、一括返済を条件として交渉することで元本を減らしてもらえることもあります。貸金業者も借金返済が滞ったり長期間かけて利息のない返済を待つよりも、一括で返済された方がメリットがあるためです。ただし、これは交渉次第なので過度な期待は禁物です。

任意整理は元本を完済しやすくする方法

任意整理は借金の完済を目指す人には良い方法です。返済の意志はあっても利息の壁で返済が進まなかったという時に使えます。支払った金額の一部が利息として取られていたため、元本返済が進まなかったのを元本のみの返済に変えて楽に返済が進むようになるのです。これまで高い利息によって元本が減りにくかった状態を改善することができます。

返済期間も交渉で新たに設定しなおされます。業者が納得できる範囲内で返しやすい期間を設定でき、その中で利息なしの分割払いを行います。あくまでも返済が基本であり、元本が返せない人は自己破産など、他の債務整理方法を選ぶことが必要です。

この方法は、その他の債務整理方法と違って、借金の元本自体を減らすことはできません。その代り、誰にも知られることなく借金を軽減できます。利息がなければ借金を返せるという人には向いているやり方です。

樋口総合法律事務所