パートやアルバイトでも任意整理できる?

任意整理は、貸金業者との交渉によってその後の利息をなくし、元金のみの返済にするための債務整理方法です。債務整理といっても、借金自体がなくなる自己破産とは違い、債務整理後も借金返済は続きます。そのため、パートやアルバイトの人は悲観的に考えることが多いようです。

パートアルバイトでも手続きは可能

基本的に職業の制限はありません。パートやアルバイトであっても職業のみで断られることはありませんし、弁護士に依頼することも可能です。そもそも裁判所などを通すことがない、当事者同士の話し合いによる手続きのため、身分や職業に関係なく誰でも行うことができるようになっているのです。

手続きを行う場合には、相手方である貸金業者が納得できる状況を見せる必要があります。そのため、全く収入がない場合の和解は極めて難しく、返済をスムーズに続けられるだけの力は必要とされます。

返済のためには安定した収入が必要ですが、パートやアルバイトであっても、安定していると認められる状態であれば問題はありません。安定して返済できるかどうかは、パート、アルバイト収入の額と借入金の額によって違います。収入が少なくても、その分借入金も少なければ返しやすいと判断される可能性はあります。

パートアルバイトの注意

パートアルバイトの人が任意整理を行う場合には、毎月々きちんと収入のある状態が続いており、今後もその見通しがあることが必要となります。継続的に返済できるかどうかの判断は、交渉相手によって変わってきます。相手先が認めなければ和解が困難となり、それ以外の方法で債務整理を行うこともあります。

また、仮に交渉によって和解が整ったとしても、パートアルバイトの人はそこで安心することはできません。確かに利息はなくなる可能性が高いですが、返済は続きます。しかも、3年から5年といった短期間のうちに返済を行う必要も出てきます。

あまりに長期の返済期間は貸金業者の不利益となるため、受け入れられる可能性が低いのです。毎月の負担額が大幅に増えて、これまで以上に返済が大変になってしまうことも十分にありえます。

パートアルバイトの人が任意整理を行う場合には、自分の収入から安全に返済できる金額を算出し、それが貸金業者の求める金額とが合致するかどうかが大きなポイントとなるでしょう。弁護士に依頼すれば弁護士料の支払いも必要となることも忘れてはいけません。

この手続きは職業に関係なく行うことができ、安定した収入が認められればパートやアルバイトでも問題はありません。ただし、和解後に返済が待っているので、きちんと返済できるかどうかの判断次第で交渉が成立しないこともあります。

樋口総合法律事務所